マイク・ビビーがトレード

ついにビビーがトレード。
キャブスが欲しかっただろうけど、
行ったのはアトランタ・ホークス。
ホークスからは、
・アンソニー・ジョンソン
・ティロン・ルー
・シェルダン・ウィリアムズ
・ロレンゼン・ライト
・2008年ドラフトセカンドラウンドピック権
アトランタのメンツは、
チームのエース、Gジョー・ジョンソン。
現在ブロックでリーグ2位のSFジョッシュ・スミス。
年々、成長を続けるFマーヴィン・ウィリアムズ。
そして新人王争いでトップに躍り出たFCアル・ホーフォード。
これに、シュート力のあるPGビビーが加入。
経験豊富なバックコート陣が、
運動能力の高い若手を引っ張るという感じのチームに。
これでプレイオフは確実だろうな。
優勝するにはサイズが厳しい。
ホーフォードは6-10(2m8cm)とセンターとしては小さいので、
7フッターが欲しいね。
対してサクラメントは、チーム改革だね。
シェルダン・ウィリアムズは今オフ契約が切れるため、
サラリーキャップのスペースを空けられる。
ビビーの抜けた穴は、ベノ・ウドリックが十分やれることがすでに実証済みだけども・・・。
オフにいい選手と契約できないと、
5割の勝率を残してもプレイオフに出られないウェストでは現在厳しいだろうな。
さて、キッドのトレード、デヴィン・ジョージがストップさせたのだけど、
そのままお流れになっちゃうのかなー。
>>俺の町

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA