シャックトレード。

マイアミ・ヒートのシャキール・オニールと、
フェニックス・サンズのショーン・マリオン+マーカス・バンクスがトレードされた。
誰も予想してなかったトレード。
最近うわさが出たけど、誰も実現するとは思っていなかったと思う。
経験豊富ながら、やはり年齢のせいか怪我が多く、
今シーズンもほとんど活躍していないシャック。
対して、類まれな運動能力を生かし、
平均二桁のリバウンドを取りながら、
2,3,4の選手をガードできるディフェンス力を持つオールラウンダー、
マトリックスことマリオン。
ぱっと見はあきらかに「サンズなぜ!?」て感じ。
特にサンズ側から見ると。
でも、なんか色々あるみたい。
マリオンはこれまでもトレード話がちらほら出てて、
もう出すなら早く出してくれみないなことがあったみたい。
んで今シーズン終わったら本人の希望でFAになれる権利があったので、
サンズとしては、ただいなくなられるよりはトレードの方がってことかな。
マリオンってもともとスモールフォワードなんだけど、
チーム事情でパワーフォワードやってるんだよね。
同様にセンターやってるアマレ・スタウダマイヤーも本来はパワーフォワード。
ランアンドガンのプレイで楽しいんだけど、
優勝するためにはやはりちゃんとしたインサイドいないと駄目だと思ったのかも。
んで、今年グラント・ヒルが加入し予想以上の活躍。
スモール・フォワードはヒルで十分。
控えには5ポジションできるオールラウンダーのボーリス・ディオウもいるし。
となると、ショーン・マリオンでいいセンターを獲得ってのも納得できる。
でもシャックか・・・。
これでサンズのメンツは、
PGスティーブ・ナッシュ
SGラジャ・ベル(レアンドロ・バルボサ)
SFグラント・ヒル(ディオウ)
PFアマレ・スタウダマイヤー
C シャック
得点はナッシュ、ヒル、アマレが取れるか。
シャックはディフェンスだけ。
それならいけるかも。
んで、ヒート・・・おととしのチャンピオンなのに・・・。
センターはとりあえずマーク・ブラント。
ジェイソン・ウィリアムズ、ウェイド、マリオン、楽しそう。
でも、ウィリアムズにスマッシュ・パーカー、
クリス・クイン、そして今回のトレードで獲得したマーカス・バンクス、
ポイントガードばっかりじゃん。
再建モードかなー。
次のオフ、マリオンと契約しないで、
大物FAと契約するかもねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA