PHPからGoogle Sheetを操作する③コーディング

composer と同じディレクトリにindex.phpなどで作成する。

// 環境に合わせてautoload.phpを読み込む
require __DIR__ . '/vendor/autoload.php';

$client = new Google_Client();
$client->setAuthConfig('ダウンロードしたjsonファイル');

// 今回は読み込み専用なので
$client->setScopes(Google_Service_Sheets::SPREADSHEETS_READONLY);

$service = new Google_Service_Books($client);

$sheetId = '1ldw1R85u5FDHFb289b2EpAkhE4DvmS4CUJCqUsUA_yM';
$range = 'シート名!A1:B1';
$response = $service->spreadsheets_values->get($sheetId, $range);
$values = $response->getValues();

print_r ($values);

こんな感じで表示できればOK!

もし下記エラーが出た場合は、該当のドキュメントに共有権限を与えられてない。

{ "error": { "code": 403, "message": "The caller does not have permission", "errors": [ { "message": "The caller does not have permission", "domain": "global", "reason": "forbidden" } ], "status": "PERMISSION_DENIED" } }

下記の最後にも記述してあるが、サービスアカウントのメールアドレスを追加することを忘れないように。

PHPからGOOGLE SHEETを操作する①GOOGLE API

taakpedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA