SQLServer Browser [覚書]

SQLServer のインスタンスはポート番号で待機している。

ポート番号は、構成マネージャーで設定しない限り動的に割り振られる。

SQLBrowserは、問い合わせを受けたインスタンス名から、

ポート番号を探し出し、クライアントに報告する。

インスタンスのポート番号を固定とした場合は、

[ホスト],[ポート番号]で接続することが可能。

その場合は、SQL Browserのサービスを起動する必要は無い。

ファイアウォールで必要なポートだけを開ける場合は、

SQLServerのTCP1434と、

インスタンスのポート番号が動的なら、

SQLServer BrowserのUDP1433、

固定なら、設定したポート番号を開ける。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA