WordPress管理画面で更新ボタンを押した時に403エラーが出る場合の対処法

ロリポップサーバでWordpress(以下WP)を運用している場合、

管理画面で何か更新しようとした時に403エラーになる時がある。

これは、ロリポップサーバのWAFが原因の可能性が高いため、

WAFを無効にすれば解決するかもしれない。

しかし!

WAFはWeb Application Firewallといって、

サイトへの不正アクセスを防ぐ役割をしている。

本格的なサーバー会社だと結構なお金を取られるくらい、

ウェブサイトのセキュリティ対策にはかなり重要なもの!

ではどうするか。

 

結論から言うと『SiteGuard WP Plugin』というプラグインを入れる。

これは大手サーバ会社のカゴヤ・ジャパンや、

さくらインターネット等にWAFを提供している、

JP-Secureという会社が作ったWP用のセキュリティプラグインで、

実はロリポップもこの会社のWAFを使っている。

この403問題って、WAFが正常なアクセスを不正と誤認してしまうためなので、

正直WAFの性能を疑ってしまうところもあるんだけど・・・ごにょごにょ。

 

『SiteGuard WP Plugin』はWAFではなく、

主に不正なログインを取り締まるためのプラグインなんだけど、

『WAFチューニングサポート』という機能があって、

そこで「このアクセスは問題ありませんよー」というのを登録するんだ。

自社WAFに対するサポート機能なので確かな物のはず。

 

まずはWPのプラグイン追加画面で『siteguard』と入力して検索。

『SiteGuard WP Plugin』てのが結果に表示されるのでインストールする。

ここで注意!

インストール後、自動的に管理画面へのログインURLが変更されるので、

メニューに追加された『SiteGuard』⇒『ログインページ変更』と進み、

自分の好きなログインURLに変更することがおススメ。

そして『WAFチューニングサポート』へ、

機能をONにして『新しいルールを追加』を押す。

ここでシグニチャを入力して保存で完了。

 

はて?しぐにちゃ?て人はロリポップにログインしよう。

『ウェブツール』⇒『WAF設定』と進み、

該当するドメインの『ログ参照』をクリック。

するとそこには、不正と認識されたアクセスの日時とURL、

そして検出されたシグニチャってのが表示されてるので、

このシグニチャをコピペすればOK。

ただし、1回設定してもまた403になる場合がある。

そんな時はまたログ参照すると、新たなシグニチャが増えているので、

それをまた登録する必要がある。

以上!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA