富樫勇樹初得点!

NBA D-Leagueでようやくデビューを果たした富樫勇樹。

先日出場した試合では初得点を決めた。

デビューから3試合目、9分間の出場でようやく得点を決めたが、

これまでの2試合での出場時間はわずか5分、1分だった。

所属するテキサス・レジェンズには彼と同じ、

ポイントガードの選手が数名いるためだろう。

 

その中で驚きなのがマイク・ジェイムス。

12年程のNBA経験があるだけではなく、

2003-04年度にはチャウンシー・ビラップス、ベン・ウォレス、

ラシード・ウォレス、テイション・プリンス、リップ・ハミルトンらと共に、

NBAを制覇したデトロイト・ピストンズの一員でもあり、

11チームを渡り歩いたジャーニーマンとしても有名な選手である。

現在はもう39歳だが、D-Leagueでの彼の存在はやはり大きく、

1試合平均37.7分出場し20点を超えるアベレージを残している。

まだまだやれるというところをアピールし、

NBAへの復帰を目指しているのかもしれない。

 

富樫勇樹が9分出場できた試合は、

マイク・ジェイムスは出場していなかった。

今後も激しいポジション争いになることは確かだろう。

ただ、マイク・ジェイムスというベテランとプレイできることは、

NBAを目指す彼にとって貴重な経験になることには間違いない。

 

富樫勇樹初得点!” への1件のフィードバック

  1. マイクジェームスなんか蒸発したらしいですよ。
    何をやらかしたのか、ただバックれただけなのか知りませんが、チームにはもういないっぽいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA