ベテラン選手たちの移籍

サム・キャセールが、先日クリッパーズの契約買取でFAに。
噂どおり、ケビン・ガーネット、レイ・アレンのいるボストンに移籍が決定。
ボストンには、ちょいと前にFAだったインサイドのベテランPJ・ブラウンが加入済み。
PG ラジョン・ロンド ⇔ サム・キャセール
SG レイ・アレン ⇔ エディー・ハウス
SF ポール・ピアース ⇔ ジェームス・ポージー
PF ケビン・ガーネット ⇔ ブライアン・スカルブリン
C ケドリック・パーキンス ⇔ PJ・ブラウン
経験が浅く弱いとされていたPG、Cのポジションに絶妙なベテランの加入。
今年のボストンの動きはすばらしいね。
これで、KGのディフェンスの負担は減るかな。
ボストンを追いかけるデトロイトは、
ミネソタが契約を買い取りFAとなっていた、FCのセオ・ラトリフと契約。
アントニオ・マクダイス、ラシード・ウォレスとは同じ95年ドラフト。
これは、ボストンと同じく、インサイドの強いウェストとの対戦、
つまり、ファイナルを見据えたインサイドの強化だね。
ラトリフはサイズはそれほどないけども、ブロック能力が高く、
ディフェンス重視のデトロイトにはぴったりだと思う。
ウェストでは、ダラスがジャマール・マグロアと契約。
オールスターに選出されたことがあるマグロアは、
昨年オフにニュージャージーと契約。
弱点だったインサイドの救世主的な存在だったはずなのに・・。
現在のダラスも、センターはエリック・ダンピアーだけなので、
マグロアの加入は大きいだろうけど・・・どこまで活躍できるだろうか。
シャックが加入したフェニックスは、
シューターのゴードン・ギリチェックと契約。
ジェームス・ジョーンズが昨年オフに去り、
マリオンもシャック加入でいなくなり、
外から狙える選手少なくなったんだね。
グラント・ヒルが外ないからな・・・。
あと、今動向が注目されているのが、
サンアントニオからシアトルにトレードされ、
すぐに契約を買い取られFAになったブレント・バリー。
サンアントニオに復帰か、フェニックスか・・・だったけど、
フェニックスがギリチェックと契約したことで、
バリーのサンアントニオ復帰は決まりじゃないかなー。
それからこれもシアトルにトレードされたイラ・ニューブル。
ディフェンスに定評がある彼は、トレード元のクリーブランドに復帰かも。
あとはー、デイル・デイビスがデトロイトって話もあったけど、
ラトリフと契約したからもう無しかなー?
こんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA