MySQL をソースからインストール(覚書)

Ubuntuは14.04.1 LTS。

MySQLのバージョンは5.0。

通常のパッケージインストールだと、5.5になってしまうので、

ソースからインストール。

まずは、ビルド用のツールをインストール。

$ apt-get install build-essential

次によくわからないけど必要らしいNcursesのインストール。

これもソースから。

$ wget -P /usr/local/src http://ftp.gnu.org/pub/gnu/ncurses/ncurses-5.5.tar.gz
$ cd /usr/local/src
$ tar xzf ncurses-5.5.tar.gz
$ cd ncurses-5.5
$ ./configure --prefix=/usr/local
$ make
$ make install

管理ユーザを作成。

$ groupadd mysql
$ useradd -g mysql -m mysql
$ passwd mysql
Enter new UNIX password: [任意のパスワード]
Retype new Unix password: [任意のパスワード]
passwd: password updated successfully

MySQLのバージョンを確認。

今欲しいのは5.0なので、ここで存在してるファイルを確認。

今回は5.0.96。

$ wget -P /usr/local/src ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/db/mysql/Downloads/MySQL-5.0/mysql-5.0.96.tar.gz
$ mkdir /usr/local/mysql-5.0.96
$ cd /usr/local/src
$ tar xzf mysql-5.0.96.tar.gz
$ cd mysql-5.0.96
$ ./configure --prefix=/usr/local/mysql-5.0.96 --with-charset=utf8 --with-extra-charsets=all --with-mysqld-user=mysql
$ make
$ make install

シンボリックリンクを作成。

$ ln -sfn /usr/local/mysql-5.0.96 /usr/local/mysql

設定ファイルを修正します。

/usr/local/mysql/my.cnf の[mysqld]の下に追加

default-character-set = utf8
skip-caracter-set-client-handshake

MySQLを起動。

$ /usr/local/mysql/bin/mysqld_safe --user=mysql &

自動起動スクリプトを設定。

$ install -o root -g root -m 755 /usr/local/mysql/share/mysql/mysql.server /etc/init.d/mysql
$ update-rc.d mysql defaults 64 36

root パスワードを設定。

$ /usr/local/mysql/bin/mysqladmin -u root password 'new-password'

PATHを通すため、.bashrcをに追加。

PATH=/usr/local/mysql/bin:$PATH

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA