SQL Server のメンテナンスでメールを送信する

環境はWindows Server 2008 R2 + SQL Server 2008 R2。

作成したメンテナンスプランでエラーが発生した時にメールを飛ばしたい。

メールを飛ばす方法は2種類あって、

サーバのメーラーを使うか、SMTPを使うか。

まずはサーバのメーラーで考えてみるが、

サーバー内にメーラーが見当たらない・・・。

調べてみるとデフォルトではインストールされないとのこと。

サーバーマネージャーの機能の追加から、

『デスクトップエクスペリエンス』をインストールすることで、

メーラーが使えるようになるらしいけども、

うまくいかなかった・・・。

どうやら R2 の有り無しは元となるOS自体が違うとのことで、

上記の内容はR2 無しのバージョン用かも・・・。

やってみたい人は下記の画像を参考にどうぞ。

 

 

というわけで、SMTPを使う方法にしてみる。

無理やりメーラーインストールするのも嫌なので。

SMTP設定

1.Microsoft SQL Server Management Studio を開く。

2.ホストに接続し、『管理』⇒『データベース メール』⇒『データベース メールの構成』。

winメール11

3.ウィザード画面が表示されるので『次へ』。

winメール12

 

4.『次のタスクを実行して・・・』で『次へ』。

winメール13

5.『データベース メール機能は使用できません。』にちょっとびびるけど『はい』で。

6.プロファイル名を適当に決めて『追加』ボタン。

winメール14

7.メールアカウントの設定は、各自のSMTPアカウント用に入力して『OK』。

8.登録されたことを確認して『次へ』。

winメール15

9.パブリックプロファイルの設定をして『次へ』。

winメール17

10.パラメータは特に内容を変えず『次へ』。

winメール18

11.確認して『完了』。

winメール19

12.『閉じる』で設定完了。

winメール20

送信先の設定

1. SQL Server エージェント⇒オペレーターで右クリック『新しいオペレーター』。

winメール26

2. 名前を適当に決め、送信したいメールアドレスを『;』区切りで電子メール名に入力し『OK』。

警告システムの設定

1.SQL Server エージェントで右クリック『プロパティ』。

winメール21

2.『警告システム』をクリック。

winメール22

3.『メールプロファイルを有効にする』にチェック。

ジョブの設定

1.SQL Server エージェントのジョブから、該当するメンテナンスプランのジョブで右クリック⇒プロパティ。

winメール24

2.『通知』をクリック。

winメール25

 

3. 『電子メール』にチェックをつけ、オペレーターを選択、『ジョブ成功時』を選択で『OK』。

winメール27

4.最後にSQL Server エージェントで右クリック⇒再起動をすること!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA